美白化粧品の効果・成分・選び方などのまとめ

美白化粧品の効果・成分・選び方などのまとめ

美白化粧品の効果・成分・選び方などをまとめていきます。

美白化粧品とはなにか

美白化粧品とはメラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐことをいいます。

様々な種類があり、ドラッグストアやインターネットでもたくさんの商品が販売されているので、どんな美白化粧品を選んだらいいのか悩みますが、意識することは、効果のある良質な美白成分がちゃんと入っているかどうかです。

各化粧品に配合されている成分をまず確認することが大切で、ネットで探す場合は公式サイトを見れば必ず記載されているので、必ずチェックするようにしましょう。

さらに、美白化粧品は医薬部外品を選ぶのがいいです。

医薬部外品って結構耳にすることが多いと思いますが、医薬部外品というのは、厚生労働省の承認を受けた成分を配合している医薬品と化粧品の間に位置しているものです。美白化粧品選びに迷ったら医薬部外品のものを選ぶのがおすすめです。

さらに美白成分だけチェックすればいいという訳でなく美白効果を高めるには美白成分によるケアだけではなく、保湿ケアも非常に重要です。

肌がひどく乾燥してしまうと、水分が逃げやすくなって肌のバリア機能が低下して、紫外線など外部からの刺激に弱い状態になってしまい結果、シミができやすくなってしまいます。

美白ケアと保湿ケアは常に一緒に行うのが大切です。

美白化粧品の実際の効果はどうなの?

シミの悩みを解決したいと思ったらほとんどの女性は美白化粧品を購入するのではないでしょうか。

美白化粧品は、シミの原因となるメラニンの生成を抑えるトラネキサム酸やレチノールなどの美白成分が配合されているものや、プラセンタやビタミンC誘導体などの美容成分も配合されているものなどがあります。

こういった美白化粧品で気になるのは、その効果についてだと思います。使えばすぐにでもシミが目立たなくなってくるものなのか、お肌の透明感が出てきてワントーン明るい肌質になるのか、などその人なりのニーズがあると思います。

もし、シミを薄くするのと同時にシミをこれ以上増やしたくないというのであれば、やはりトラネキサム酸とともにプラセンタなどの成分、ビタミンC誘導体など複数の美容成分が同時配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

また美白化粧品でのお手入れは必ず毎日続けることも大切なポイントになります。1ヶ月や3ヶ月程度で美白効果が出なかったとしても、とにかく続けることが重要です。効果は劇的には出てこなくても、時間をかけて少しずつ薄くなってくるのでゆったりとお手入れに専念してください。

美白化粧品の主な成分の種類と役割について

しみや、くすみ、そばかすなど肌のトラブルに悩む女性は多いですが、日頃から美白化粧品をうまく使用しながらスキンケアを続ければ、多くのケースで満足できる美白効果を得ることが期待できます。

まず、自分の肌質や目的に応じた美白化粧品を選ぶのが一番大切なことです。その際には、美白化粧品に配合されている成分をしっかりと確認しましょう。

美白化粧品の主な成分はトラネキサム酸、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、プラセンタなどがあります。いずれも独自の働きをするものばかりですが、例えばトラネキサム酸は紫外線を浴びた時に活性化するメラニンの生成を抑制することでシミやそばかすを予防してくれることが期待できます。

ハイドロキノンやビタミンC誘導体は、直接シミソバカスのメラニンに働きかけることで、色素を薄くすることができ結果的に、シミやそばかすを目立たなくすることが期待できるのですね。

他にもプラセンタなどは女性ホルモンに働きかける他にも美白効果を高めるためのお肌のターンオーバーの活性化に役立つので、美白の強い味方と言えるでしょう。

どれを選んだらいいの?美白化粧品の選び方!

憧れの透明感のある肌を目指したいけれど、美白化粧品は種類が豊富で何を選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ポイントは2点あり、ひとつはメラニンを作る指示をする物質に対して働きかけをするものに効果のある成分を選ぶことです。

カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA、m-トラネキサム酸などがこれにあたります。

もう一つのポイントはメラニンに変化させる物質に働きかける効果のある成分を選ぶことです。

シミの元となるメラニンに変化させなければ、肌は綺麗なままなはずです。

メラニンに変化をさせる物質をチロシナーゼと呼ぶのですが、これに効果がある成分は、よく耳にすることもあるプラセンタエキスやアルブチンです。

他にもエラグ酸、ルシノール、コウジ酸、4MSKなどがあり、これらが成分として含まれている美白化粧品を選ぶと良いでしょう。

特に美白美容液は使い始めやすいアイテムでもあります。

美白効果のある成分の多くは水溶性のもので、販売されているものとしても美容液は高濃度の成分が含まれているので、高い効果が期待されます。

何から使えばいいのか迷った際は、先ほど挙げた成分が多く含まれる美容液から始めてみてくださいね!

日焼けに効く美白化粧品をご紹介

夏場の悩みといえば、日焼けです。

日焼け対策も、毎日ばっちり行っていかないと、秋になってから美白ケアを始めようと思っても、紫外線によるメラニンがシミとして肌の奥深くに定着してしまうと、なかなか除去するのが難しくなります。

日焼けによる紫外線のメラニンが、シミとして定着しないためには、夏場だけでなく年中美白化粧品を使用する事がポイントです。

日焼け対策におすすめの美白化粧品として、人気なのが、オールインワンのシズカゲルです。

シズカゲルには、メラニンの抑制作用の高いフランスカイガンショウ樹皮エキスやビルベリー葉エキス、ユキノシタエキス、マロニエエキスなどが含まれています。

他にも日焼けによる乾燥肌予防として、シア脂やオリーブ油、スクワランの成分も配合されているので、日焼けによるシミと乾燥対策は、これ1本でバッチリです。

使い心地としては、洗顔後にシズカゲルをたっぷり塗っても、浸透力が高いので、その後にメイクをしてもヨレない点が魅力的です。

顔だけでなく、首にも手にも使えるし、ベタベタしないから、手に塗った後にすぐにスマホを操作しても、スマホにジェルがつく事もありません。

日焼けして肌が赤く炎症してヒリヒリしている時でも、安心して使えるアイテムなので、是非試してみて下さい。

比較して選ぶ効果の高い美白化粧品

美白化粧品を選ぶなら、効果の高さを比較して選ぶのがおすすめです。美白化粧品の有効成分はいくつかの種類がありますので、より高い効果が期待できるものから試してみることをおすすめします。

大手化粧品メーカーが開発したアルブチンはメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぎます。

又、ビタミンCが配合された美白化粧品が多い中で、より肌に安定した状態で届けたいなら安定型ビタミンC誘導体が配合されたものが効果的です。ビタミンCは美白に効果的な一方で不安定という特徴がありますが、そのデメリットを解消したのがこの成分です。

その他にもトラネキサム酸やコウジ酸といったように、美白化粧品に含まれる有効成分は様々です。有効成分の含有量も重要ですし、毎日使うとなれば価格や使用感にも留意する必要があります。

美白効果の高い化粧品の中には、刺激の強いものもありますので、肌質に合った製品を選ぶのが重要です。サンプルやテスターなどで比較して選ぶのも、おすすめです。

とくに最近人気になっている美白化粧品がビハキュア。相田翔子さんも愛用しているということで噂になっているのでビハキュアの口コミでチェックなさってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました